2009代継橋道場稽古始め

2009代継橋稽古始め1月10日(土)は、代継橋道場の稽古始めでした。稽古始めなので、みんなの顔でも拝もうと代継橋道場まで向かったのですが(この日は井上雄一朗と別行動)、道路が混んでいて、かつ、あと少しで代継橋道場というところで、信号待ち4回。

同じ信号ですよ。交差点数メートル手前でですよ。

なにやってんだよ!右折車!

ってな感じだったのですが、道場前に車を停めようとしたら「ガリッ!」って音がしました(笑)

ああ、バンパーの下!

仕方ないので別の駐車場に停めたのですが、そこは道場から徒歩数分の場所。道場の前に行ったときは準備運動時だったので、大丈夫だな、と。

無茶苦茶寒かったのですが、私のバッグは数十キロある、ある意味バーベル化したバッグなので、もう道場まで歩いている間にウォーミングアップ終了ですよ(笑)

重すぎ!

年明けの初稽古は、基本の徹底ということで、各技の説明を入れながら念入りに指導する井上雄一朗でありました。

あ、重いバッグを疲労困憊しながら担ぎ、あと少しで道場だってとこでユウスケと遭遇しました。

塾帰りなのかなぁ。

少年部稽古の途中で参加したユウスケ。そのまま一般部メインで初稽古してました。

閑話休題。
手技が終わり、足技前のストレッチはダイヤ。

ダイヤがセンターでストレッチです。

低学年や初心者が前列で高学年や中級者が後列に並んでストレッチ。

一番後ろにはマサヤがいました。

足技前のストレッチ。センターはダイヤ

まぁ、この画像にはマサヤ写ってないんですが(笑)

ストレッチの説明をするダイヤに爆笑しつつ、足技に入り、そのまま軽い移動稽古へ入ります。

動きの確認で。

それが終わると、初心者と中級者以上にわけて再び移動稽古。

初心者は私が担当し、基本的な動きを理屈と動きの二本立てで指導し、中級者以上は井上雄一朗が、昨年から集中的に指導している突き技(パンチ)の実戦的移動です。

初心者組は、学年もバラバラで、中級者に近い初心者もいれば、完全な初心者もいます。どこにレベルをあわせるか、ここは難しいところなんですが、一番下にあわせます。

既にわかっている人は復習になりますから。

デ、この既にわかっていることを復習として行う時に真剣にやっているかどうか、ってとこも見るわけです(笑)

ダイヤ!

低学年はダイヤの動き真似したりするんだから、髪の毛の一本一本、指先の一本一本、電気が走るくらい緊張しておけ。

冬は静電気に注意ですね、ってダイヤ言いそう(笑)

そんなこんなで、中級者以上は、単発な突きから、複雑な(とは言いつつも突き技だけですが)連続技、英語で言うとコンビネーションになり、足の位置、腰の動き、上体の捻り、もうそういう細かいとこを体で覚えさせるために、数をこなすので、必死の形相です。

水曜日の武蔵ヶ丘道場で同じ稽古をしたマサヤ、ユリナ、アイリらは、超筋肉痛で、ユリナなんて右足がきました、とのこと。

それは、正しい立ち方、正しい突き方をやっているから右足が効いたわけで、「それは正しい動作やってるからだよ」と言うと、わかったのかわからなかったのかわからないのですが、納得したような、そうでないようなリアクションでした。

そんなこんなで、新年一発目の稽古も元気よくすすみ、一般部稽古。

一般部なのです 準備運動なのです

稽古の後半は、延々突き技系やってましたね。

体験入門者もいて、ユウスケやマサヤたちもいたので、賑やかな一般部でした。

稽古が終わればお掃除タイム。

手前、マサヤとユウスケ。後ろハリウッドスターとみおちゃん あいーり

雑巾掛けするのですが、雑巾は洗い場で洗います。

一度に全員は無理なので順番に雑巾を洗います。

雑巾を洗う

みおちゃんとハリウッドスターの後ろ姿なんですが、身長差がとてもあるので、腰の位置(帯の高さ)が全然違いますね。

これは見慣れた風景なので別になんともないのですが、ハリウッドスターの背中に注目。

みおちゃんにはない大量の汗のあと(笑)

正面だと、もう顔面凄いですよ。汗。

そういう機械と思ったりします。

なので、ハリウッドスターのみ、首にタオルを巻いているでしょ。

これは、掃除中にポタポタ汗が落ちるから。

掃除の意味ねぇじゃねぇかよ!

ってのを防ぐためにタオルなんです。

超寒い日でも、そんなの関係ないですよ(笑)

平成も21年目になりましたが、ハリウッドスターの汗だけは変わらないようです。はい。

掃除終了

掃除も終わり、着替える人、話す人、このあとの特練の準備をする人、いろいろです。

今年も、昨年と変わらず、道場では稽古する音、汗、動きなどが普通の光景として、風景として存在しています。

そうそう。
腕立て伏せが流行っていて、流行っていてというか、まぁ、理由はあるのですが、井上雄一朗が1日500回でハリウッドスターが1日100回?だっけ。

井上雄一朗は、夜中に日付が変わると「いまのうちにやっておこう」と、おもむろに、私の隣りで突然腕立て伏せを始めます(笑)

他人が見たらビックリするだろうなぁ。

500回は30分くらいで済みます。

回数に変化つけてセット数でこなしますから。

昨夜は、道場で稽古していて、さて帰ろうと時計見たら夜中の12時5分過ぎて日付が変わっていたので、もうやっちゃえとノルマ済ませてきたと言っていました。

なので、今夜は隣りではやりませんという意味で(笑)

なので、私も空腹だったのでメシを作り、二人で食べました。

その画像はありません(笑)

ってなことで。


2009代継橋道場稽古始め” へのコメントが 5 点あります

  1.      押忍!
      
    13日の事なんですが。
    あの、無事マリスト中、合格しました!!
    だいやもごーかくなのでみんなやっと終わりましたネ♪空手に集中してがんばれるよーに
    なりました(やっと)メチャ、うれしいです

  2. 光、ダイヤ、おめでとー!おめでとー!
    おめでとー!本当に本当に嬉しいです。
    中学に入ってからは大変だと思いますが、勉強する習慣ができているはずですので今までのペースを崩さなければあなた達なら大丈夫です。
    これからも空手と勉強ガンバッテね!
    高校受験組もガンバレー!!!!!!!

  3. >光へ

    おめでとう!
    ダイヤもおめでとう!

    みんなバラバラになっちまうなぁ。

    でも、空手続けていれば道場で一緒になるから基本的には変わらないのよ。

    俺なんか、高校の時は学校にいる時間と同じ時間同期と道場で過ごしてたよ(笑)

    なので、学校が変わるって、あまり意味ないのよねぇ。

    ああ、エムは別かな(笑)

    残りの小学校生活頑張ってください。そして、春になっても頑張ってください。

    graduate

    って英単語があって、これは動詞だと「卒業する」で名詞だと「卒業生」って意味になる。

    動詞には、もうひとつ「より程度の高い方へ変化する」って意味もある。

    上に進むって意味で「卒業」なんだけど、まだよくわからないかな(笑)

    つまり、卒業するってことは「終わりじゃない」ってこと。

    知識を学ぶことは楽しいことです。知らないことを覚えるのは楽しいことです。

    勉強も空手も同じ。

    博覧強記な光になってください。

    閨秀美人な光になってください。

    「閨秀」って「けいしゅう」と読みます。意味は辞書で調べるとすぐにわかる。

    可愛い可愛いひーちゃんなので、あとは閨秀になるだけ(笑)

    さて。
    あとは、里奈とシュンスケか。

    あ、来年はヒロキ!

Webmaster にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*