ラジオで稜平へいへ~い♪の巻

FMK(エフエムケイ)ラジオ「NICE TO MEAT YOU」の第2回オンエアが本日ありました。

実は先週の第1回を聞き逃していたので、今日は井上雄一朗と二人してオンエア時間前からスタンバイです。5分間のミニ番組でしたが、亜衣莉、稜平へいへ~い♪、シモニシさんの順でインタビューに応えてましたね。

この順番が秀逸で、亜衣莉の、まるで軍人のような受け答えに爆笑していたら、次の稜平へいへ~い♪でさらに爆笑。最後はシモニシさんがキチッと締めてくれて、なかなか濃いインタビューだったな、と。
続きを読む

ラジオのオンエア情報

2月1日に武蔵ヶ丘道場で収録されたFMK(エフエムケイ)ラジオ「NICE TO MEAT YOU」の第2回オンエアは明日2月15日(金)です。

■オンエア情報

・2月15日(金)午後3時50分~55分
・周波数:熊本77.4MHz・阿蘇81.3MHz・南阿蘇76.8MHz・小国 80.4MHz・人吉 82.0MHz・五木 81.3MHz・御所浦78.4MHz・牛深 76.9MHz

第2回なので、武蔵ヶ丘道場で取材を受けた道場生の声がオンエアされると思います。亜衣莉とシモニシさんでしょうか。

是非、お聴き下さい。

寒い!

代継橋道場のパンチンググローブ寒いですね。特に昨日は、どこにいても冷凍庫の中にいるような寒さ!

春の予感」なんて呑気な記事を投稿している場合じゃなかったですよ(笑)

まぁ、あの記事はキャンディーズがすべてなんですが・・・

そんなこんなで、熊本市内でも雪が舞った昨日。そりゃ寒いって話で、戸島教室は箱が小さいので、練習している最中に汗もかくのですが、戸島教室終了後に武蔵ヶ丘道場(南ヶ丘小学校体育館)に移動したわけですが、そこは箱がデカイ!

冷凍庫の中で稽古かよ・・・と、寒さ対策を最初に考えなければならない場所。古い体育館で大きいので、おそらく200人くらいで稽古やれば違うんでしょうけど、隣のソフトバレーの方を入れても、それは無理(笑)

冬将軍ってのは、なかなか難敵なのであります。
続きを読む

空手は食欲だ7! – 焼肉大会の巻

焼肉大会をする!の巻久しぶりのグルメネタです。

井上道場Tips(ブログ)のメインコンテンツでもあるグルメネタなんですが、投稿するのに結構時間がかかったりして、かつ、審査前や大会前などは時間もなかったりして久しく投稿していなかったんですが、「空手は食欲だ!シリーズ」第7弾をお送りします。

今回は、焼肉!にくにくです(笑)

部屋の中で焼肉すると、煙や脂で大変なことになるのですが、空腹には勝てず、部屋で焼肉大会ですよ。
続きを読む

春の予感

毎日寒い日が続き、小学校の体育館などを利用している道場だと、もう冷凍庫の中にいるようなもので、走ろうが歩こうが、ダッシュしようがジャンプしようが、アレをしようがコレをしようが、体を止めた瞬間に凍えます。

いや、誇張でもなんでもなくて、稽古で、それも冬用にアレンジした体を暖めることを主眼とした稽古をしても、小休止などで動きを止めた途端、瞬間ですよ、汗は引き、筋肉は強張り、寒さが全身を包みます。

なので、息が上がっているのを整える小休止ではありますが、ストレッチをしたりと、絶えず体を動かしていなければならない。

体育館は天井が高いですからねぇ、もう大人数で運動して温度を上げても、エアコンじゃないんで、体育館内の温度に変化を与えることができません(笑)

そんな、寒い寒い冬の稽古について、あれこれと書こうかな、なんて思っていたのですが、昨晩から、その強烈な寒さが影を潜めてきましたね。

風は冷たいのですが、あの刺すような冷たさではなく、どことなく温もりのある風で、経験則として知っているのですが、この風は「春の訪れを告げる風」の一種に違いないな、と。

春の予感がする風なのです。
続きを読む

臑サポーターとレッグガードの話

臑サポーターとレッグガード空手という武道、武術、格闘技、スポーツ、運動、どんな形容詞を付けてもいいですが、空手というのは、身に寸鉄も帯びず、徒手空拳で行うもの、というのが普遍的かつ一般的なイメージだと思います。

これは、これで間違いではないですね。
身に何も付けないで、素手素足だけで行う。

しかしながら、実際に相手を殴り、蹴る以上、現代では試合という競技であれ稽古という名の練習であれ、そこには「安全性」が求められます。

競技技術の向上という観点からみても、安全性を担保した練習体系は、そうでない場合と比較した場合、著しい差があります。

これは、安全性を考慮しない場合、怪我等で競技技術の向上が妨げられるという点があるからです。簡単にいうと、ローキック(下段回し蹴り)の受け返しを生足でやった場合、「受ける」という技術を会得する前に臑(すね)を痛めて、「受ける」という技術を身につけるまで時間がかかる、ということです。臑を痛めるため、正しい受け方ができないって話です。

なんか、真面目な話になってきましたね(笑)

そんな、空手における「安全性の担保」、すなわち、一般的に「防具」と呼ばれる道具についてのお話です。

とても長い長い記事ですよ(笑)
続きを読む